やっぱり補修はホルツ!お手軽補修グッズからプロ仕様まで、豊富なラインナップでカーライフをサポートします。

トップメッセージ

IDEA アイデイア

私ども武蔵ホルトは社会に貢献できるアイデイアを積極的に形にする会社です。車のDIY,DIFMを通して、グローバルな視点で、人々の暮らしを演出していきたいと考えます。アイデイアを生み出し、実現する手法としてIDEAプロセス、Six Sigma Plus,Category Managementなどの活動に一層の磨きをかけていきたいと思います。 私ども武蔵ホルトならびにHolts製品へのご愛顧のほどよろしくお願い申し上げます

取締役社長 渕田昌嗣

IDEA プロセス

地球上の70億の人々は毎日、自分が正しいと思うことをして生活をしています。ひとそれぞれの思い、工夫、悩みの中から様々なアイデイアが生まれ実現しています。 そのような人々の発展のためにひとつでも多くのアイデイアを生み出し、実現させていくことがIDEAプロセスです。 基本的には部署の垣根を越えて編成されたチームがIDEAプロジェクトを進めます

思い浮かんだこと、こうしたいと思うこと、不便だと思うこと、真似してもよい、実現不可能なことでもよい、まずは‘発想に遊べ’ということが出発点です。何か閃めいたら必ずメモに書き止め個々の「発想」を積み上げていきます。それらの個々の発想はミーティングやブレインストーミングを通して磨かれ、ふくらみ、 分類されていきます。

そうして出されたアイデイアを数値化します。 各アイデイアごとに重要性や、速攻性、創造性、などを列記し、それぞれに5点満点、もしくは10点満点で感覚的に採点していきます。 チーム内での採点が基本ですが、まったく別の組織に依頼しても構いません。また会社の責任を担うマネジャークラスの採点やコメントも必要となります。こうして数値から得られた優先順位とバランスを考えたうえで選択されたアイデイアはチーム内で定義づけをします。具体的にはその目標、範囲、スケジュール、責任者、予算などです。チーム内ではタイムキーパーを決め、スケジュールに沿った進捗や目標管理を行ないます

プロジェクトの進行は定義が肝心というのが通説ですが、 IDEAプロセスではこのEのプロセス、定義に沿った‘実行’を最も重視します。 プレゼンテーションだけの計画にならない様、必ず定義通りに‘実行’することが大切です。の段階で定義を修正することはできません。 定義のブレはプロジェクトそのものの方向性を見失うからです。

‘実行’を日程通りに完了させたら、最後のプロセスA’結果を検証‘をします。結果は達成金額や達成率など、すべて数値で示され会社へ報告されます。 そしてその数値結果以外に、取り組んだ姿勢、チームの協力、学習したこと、反省、などの総括がされてレポートが締めくくられます。このプロセスは通常4-5名のチームで3か月程度の期間を基準として進められるものですが、その数字の大きさや課題によっては中、長期的プロジェクトとして 進めることも十分に可能です。

シックスシグマプラス

シックスシグマとは1980年代初頭、米国モトローラ社が、日本のQCサークル活動を参考にして作った‘バラツキをなくす’という品質管理手法、 もしくは問題解決のプロセスであります。シックスシグマとは統計学の標準偏差のことで100万回の作業をしたときに生じる不良品の発生率を3.4回(3.4ppm)に抑えるということを目指したスローガンです。 プラスとはリーンのことで米国のLean ManufacturingからFord Production Systemを経てトヨタ生産方式に至る‘無駄をなくす’という活動であります。武蔵ホルトでは2001年からSix Sigma活動をスタートさせ下記のような成果をあげてきました。 現在においてもVOCからスタートし、垣根をこえたチームづくりをして(時にはお客様、仕入れ先様もチームに入っていただいて)Six Sigmaプロセスを使って 問題の解決を行っています。現在では問題解決だけでなく、積極的な活動にもこの手法を取り入れています。なにか問題が生じても、また新しいことを始めようとした場合もSix Sigmaでの進め方が分かっているので楽しくさえあります。

過去の主な活動例

2001年 14%の在庫金額削減を3か月で達成
2002年 低回転商品在庫金額の30%削減を達成
2003年 お得意様、仕入れ先様とコラボし、生産から納品までの無駄をカット
2004年 従業員全員Green Belt取得の為のGBトレーニング強化
2005年 新顧客開発。初めて攻めのプロジェクトにシックスシグマ手法を活用。
2006年 商品改善。商品仕様、原価などの見直し、改善を実行
2008年 欠品率を半減。
2009年 Six Sigma、IDEAプロセスによる新商品開発やプロジェクトの実施
~2013年

会社概要

社名 武蔵ホルト株式会社
設立 1981年6月1日
(武蔵貿易設立/1959年5月16日)
本社 〒102-0076 東京都千代田区五番町14番地
※武蔵ホルト株式会社は2012年1月より、本社所在地を上記に移転しました。
資本金 3000万円
取締役社長 渕田 昌嗣