やっぱり補修はホルツ!お手軽補修グッズからプロ仕様まで、豊富なラインナップでカーライフをサポートします。

あきらめない!バンパーパテとカーペイントで直せる!

補修動画

使用商品

補修手順紹介

洗車/ささくれを削る

キズ部分の汚れをカーシャンプーなどできれいに洗い流した後、キズのささくれや、盛り上がりなどをカッターナイフで削り落としましょう。

下地研磨 耐水サンドペーパー

パテの接着力を高めるためキズとその周囲を320番の耐水サンドペーパーで水をつけながら、塗装をはがすように研磨していきましょう。

最後に320番の耐水サンドペーパーに水をつけずドライのままキズと周辺を渦状に軽く研磨するとパテのつきがよくなります。

脱 脂

研磨くずや周囲の汚れをシリコーンリムーバーをスプレーしてきれいなタオルなどで拭き取りましょう。

バンパープライマー

次にバンパープライマーを1回軽くスプレー。15分程度乾燥させよう。塗装箇所に応じてマスキングをしましょう。

キズが極浅い時はバンパープライマーをスプレーするとパテのつきがよくなります。

バンパーパテ塗り/約30分自然乾燥

よく練ったバンパーパテをヘラに取りキズを埋め込むように成形していきましょう。薄く、ゆっくりキズにパテを押し込むように完全にキズが隠れるまで塗り重ねましょう。

バンパーパテ研磨 耐水サンドペーパー

320番の耐水サンドペーパーに水をつけながら丁寧に研磨しましょう。指で触れてパテと塗装面の段差がなくなるまで研磨しましょう。塗装面との段差がなくなったら600番、1000番の順で耐水サンドペーパーに水をつけながらパテの表面をツルツルに仕上げましょう。

バンパーパテは樹脂に適応するよう柔らかいので石鹸水などであまり力を入れず磨くときれいに仕上がります。

脱 脂

水分をよく拭き取りシリコーンリムーバーをスプレーして汚れ、油分などを取り除き、きれいなタオルなどで拭き取りましょう。

ひっかき傷を直すパテ塗り

研磨によってできた細かいキズの補修や表面を整えるために「ひっかき傷を直すパテ」を薄く塗り込んでいきましょう。

ひっかき傷を直すパテ研磨

パテが固まったら320、600、1000番の耐水サンドペーパーで水をつけながら丁寧に研磨し周囲との段差をなくしましょう。

脱 脂/マスキング
バンパープライマー

キズ部分よりも一回り大きめにバンパープライマーを薄く2~3回、10分間隔でスプレーし30分程度乾燥させましょう。

・【忘れずに!】バンパープライマーはペイントが密着しにくい樹脂バンパーにカーペイントを密着させる効果があります。

カーペイント作業手順
補修完了

キズがほとんど目立たない。バンパーパテとカーペイントによるバンパー補修の完成。