やっぱり補修はホルツ!お手軽補修グッズからプロ仕様まで、豊富なラインナップでカーライフをサポートします。

気になるガリガリ!アルミパテを使って目立たなくしましょう!

補修動画

使用商品

補修手順紹介

ホイールの素材、表面仕上げに注意!

アルミ以外のマグネシウムなどは補修できないのでご注意ください。クロームメッキ、スパッタリングなど表面処理されたホイールは質感まで直せないので注意しましょう。

スパッタリングは塗装と同じ原理

スパッタリングクロームメッキは、銀を蒸着させたものでカーペイントと同じような感じで、細かい波状のある光沢仕上げです。サンドペーパーやコンパウンドで強く磨くと塗装がはがれるのと同じようにメッキが取れてしまいます。光沢やメッキの質感は補修できないので注意しましょう。

アルミパウダー配合ですが、全てのアルミホイールの質感には合いません。

洗 車

アルミホイールにはブレーキパッドのかす、タール・油分などの汚れが付着しています。補修部分の汚れをしっかり取り除きましょう。

下地研磨

キズ部分を中心に耐水サンドペーパーの100番でささくれやバリを削り取り320番でキズ周辺も整えましょう。

脱 脂

キズの中や周囲の汚れをシリコーンリムーバーをスプレーし脱脂てきれいなタオルなどで拭き取りましょう。

マスキング

パテのはみ出しと補修部分以外のキズつきを防止するためマスキングしましょう。

曲面用マスキングテープならホイールのカーブに沿ってのマスキングが簡単にできます。

アルミパテ塗り

2~3分よく混ぜ合わせたパテを少し盛り上げ気味に塗っていきましょう。1時間ほどしたらマスキングテープをはがしましょう。

アルミパテ(2液性)は配合比率を正確に、とにかくよく混ぜましょう!

パテを12時間自然乾燥(完全硬化)
アルミパテ研磨

耐水サンドペーパー320番、600番、1000番の順に研磨して補修面を整えよう。

補修完了

ガリガリキズはほとんど目立たない。もう、恥ずかしくないアルミホイールキズ補修の完成。