やっぱり補修はホルツ!お手軽補修グッズからプロ仕様まで、豊富なラインナップでカーライフをサポートします。

トラブル事例&対策案

ボディカラー塗装時に塗装面がざらついてしまった!

A. スピードが速い
B. 距離が遠い
C. 塗装面が熱い( 触ってみて温かいと感じるのはN G )

・適切なスピード( 6 0 ㎝ を1秒)と距離( 2 0 ㎝ 前後)で塗装する。
・気温が高い時は塗装しない。

スプレーを吹き付けた部分が水滴が付いたように液ダレしてしまった!

スプレーの吹き付けの量が多いか塗装面までの距離が近すぎた。

塗装面との距離と缶を動かすスピードで調整する。

クリアを吹き付けた部分がざらついて白っぽくなってしまった!

A. 塗装する面の温度が高い
B. スプレー時のスピードが速い
C. スプレー時の距離が遠い

噴射された塗料が塗装面やその過程で粉状になることで表面が白っぽくざらついて見える。

ボカシ剤またはトップコーティングスプレーを使用する。

クリア層にクラック(ひび割れ)ができてしまった!

A. 塗装の厚塗り
B. 期間をおいての塗り重ね作業
C.クリアの攪拌不足

1液性の塗装はシンナー分が揮発して硬化していくが厚塗りすると塗装表面が内部より早く乾燥してしまう。ただし塗膜内部ではシンナー分が滞留しており揮発しようとして限界を超えたときに塗装表面を割ってしまう。

薄く塗り重ねる。ボディカラーは10~20分間隔、クリアは15~20分間隔。

塗装面にちぢみ(しわ)ができてしまった!

A. 塗装時の下地処理が不適切
B. 補修作業時のプラサフやプライマーの不使用
C.ウレタンクリア塗装後、完全硬化前に再度ウレタンクリアを吹いた場合
D. パテ( ポリパテ)の端が元の塗装に乗ったまま塗装した( プラサフ等未使用)。パテの乾燥不足など。

A. 新車の焼き付け塗装の焼きの不足や板金塗装作業での下地処理が不適切な場合
B.下塗り剤の不使用(使用していても発生することがあります)
C. パテが乾燥不十分で塗装した。パテが旧塗膜の上に乗っている。

バンパープライマー、プラサフを使用し乾燥時間を長めにする。パテと旧塗膜が重ならないようにする。

塗装面が白く滲んでしまった!/ツヤ消し状になってしまった!

湿度が高い時に塗装した

湿度が高い時(75%以上)にスプレーすると塗料が塗装表面に付いた時に塗料の溶剤が揮発(蒸発)する際に気化熱によって塗装面の温度が下がり、空気中の水分が塗装面で凝結してしまいシミのように見える。

気温が低く湿度の高い日の塗装を避ける。

塗装面の塗膜が押しのけられたようにヘコんでしまった!

A.塗装面に油分が残っている。
B.気温が低い時に塗装(10℃以下)

A.塗装面に付着している油分が塗装を弾いている。
B.気温が低く塗料内の成分がうまく揮発できないためにヘコミのようなものができる。

A.シリコンリムーバーなどで油分を除去
B.気温が低い時は塗装しない。